FC2ブログ

Give Way  「心の運転 」

卒業生の皆様の安全運転をサポートするお役立ち情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ、ちゃんと一時停止しないの・・・

 なぜ、初心運転者が、一時不停止の違反をしてしまうのでしょうか?
初心運転者の気持ちを慮ってみると、

1 運転操作に余裕がなく、標識・標示を見落としてしまう。
2 一時停止の標識の持つ意味が、確実に理解されていない。或いは、
  めんどくさい。
3 今までの生活習慣(歩行者、自転車の立場)に、もどってしまい、
  確実には止まらない。また、やり方がいい加減になってしまう。

など、理由がいくつか、考えられます。

 一時停止の標識の意味は、「車は交差点の直前(停止線があるときは、
その直前)で、一時停止しなければならない」とされています。

 運転免許を取得して道路を運転する以上、ドライバーは、交通社会人としての
自覚をもって、その責任を果たしていかなければなりません。
 
 「継続は力なり」という諺があるように、入校以前のような、「○○みたいなー」
という覚え方をするのではなくて、標識の意味を正しく理解して、実践し、
それを継続していくことが大切です。

 運転に集中し、走行速度、十分な車間距離の保持に努め、視野広くとって、
標識・標示を早く発見し、確実に一時停止をしましょう。カーブミラーの確認
だけでなく直接自分の目で見ることが肝要です。

 いつも二次停止をし、「止まる」「見せる(交差道路の歩行者・自転車・自動車に)」
「確認する(自分の目で)」を実践し続ければ、「出合頭事故」は完全防止することが
でき、毎日幸せな生活ができますよ。みなさんも、卒業後も実践して下さいね。

IMG_5376.jpg
   美野 一佳 

スポンサーサイト
  1. 2011/12/24(土) 10:57:18|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

交差点で歩行者事故を無くすためには・・・

 交差点は交通事故多発地点です。それでは、どのような形態の事故が多いので
しょう。特に出合頭事故、右直事故、巻き込み事故、追突事故、そして、歩行者
事故が多く発生しています。その中でも、車両対歩行者事故をどう防ぐかをとり
上げてみます。

 まず、右左折するときはどこをポイントに注意したらいいでしょうか。
 それは、交差道路、対抗車両、信号、行き先の横断者、巻き込み等です。しかし、
横断者に注意が行き届かなかったり、見落として衝突するといったケースが後を
絶ちません。では、どのようにして防止したらよいのでしょう。

 交差点に近づいたら危険ポイントを早くイメージすることです。そして、車だけ
に気をとられすぎることなく、周りを冷静に観察できるように、曲がる手前で十分に
減速しておくことが大切です。横断者には、徒歩の人、かけ足の人、勢いよく走り
抜ける自転車等がいます。ほとんどの信号交差点は、車両信号と歩行者信号が連動
していますので、人や自転車は横断してきます。
 しかし、横断者を気にかけていても、自車の死角や、同乗者による死角、また、
他車やガードレール、看板、街路樹、工作物等で死角ができ、そこに潜んでいる
場合もあります。

 ですから、人はいないのではなく、見えないだけなのだ、と十分認識し、右左折
する時には、横断者はいないか、見落としてないか、何度も探すような安全確認
することが歩行者事故を防止する大事なポイントです。いつも安全速度と、他者(車)
配慮した「心の運転」を実践して下さい。

花咲薫
   花咲 薫

  1. 2011/12/24(土) 10:55:51|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ベテランの目の付け所とは・・・

 なぜ事故が起こるか?それは運転の三要素である認知→判断→操作のいずれかに
ミスが生じたときに起こります。特に初心運転者の場合は車の運転の不慣れということ
から、車の誘導を誤ったり、操作に精一杯で予期せぬことが起こったときには対応しきれ
ず事故を起こしやすかったりします。ですから、運転に慣れるまでは速度をひかえて、
慎重な運転を心掛けてください。

 操作に慣れてくると運転に余裕が生まれ、ちょっとしたことから慌てず対応できるよう
になってきます。しかし、事故はしたくなくても起きてしまうこともあります。それは、
道路は自分ひとりだけではなく他の車、人が通行し、道路状況もさまざまだからです。
ですから、事故を起こさないためには起こりうる危険を予測し事故にあわない運転を
することが大切です。

 他の交通や道路環境に関わらず、常に自らを防衛し、事故予防に努める運転を
防衛運転といいます。これは、自分の生命だけでなく他人の生命も救うことができる
運転法です。
この運転法を実践すると
・急ブレーキを踏まなくなる
・周りに停止することを知らせることができる
・余裕を持って行動することができるようになる
となります。

 道路には狭い場所、死角になっている場所があったり、通行している人、車には
それこそ初心者、夜間自転車に乗っている高齢者、交通ルールを知らないこどもが
いたりとさまざまざまです。
 ですから、そういった全ての情報を集めそれらに対応するために速度を十分落としたり、
早めにウインカーを出すなどをして、自分の行動を周りに知らせるようにしましょう。

 しかし、こういった運転を常に続けることができるとは限りません。運転への慣れや、
自分の性格、安易な考えからそれまではできていた危険を予測した“~かもしれないと
いう慎重な運転”から“~だろうといった安易な運転”になるかもしれません。
また、ひどく疲れた状態にもかかわらず車を運転してしまうことがあるかもしれません。
このようなことがないように“自己を分析”し、“自己を管理”する、こういったことも
事故を起こさないためには必要です。
 
 このように、事故を起こさないためにはいくつかの段落やポイントがあります。この点に
注意し一生無事故で過ごせる安全ドライバーになってください。

井上雄貴 指導員
   井上 雄貴



  1. 2011/12/24(土) 10:45:18|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心運転者が出合い頭事故を起こさないために・・・

 出合い頭事故の多くは交差点で発生しています。そこで、交差点の出合い
頭事故防止対策について考えてみたいと思います。

 信号のある交差点での出合い頭事故防止
1 信号のある交差点では信号の変わり目を予測した運転をすることが大切です。
  (a)歩行者用信号機がある交差点では歩行者用信号機が赤になっていたら
    止まる準備をする。

  (b)歩行者用信号機がない交差点では交差点が近づいたら速度を少しゆるめたり
    ブレーキに足を移したりします。

  (c)点滅信号のある交差点では赤色点滅信号は一時停止、黄色点滅信号は
    他の交通に注意し動きをよく見ることが大切です。

2 信号のない交差点での出合い頭事故防止
  (a)一時停止標識のない見通しの悪い交差点
     交差点が近づいたらどのような交差点か認知し見通しの悪い交差点あれば
    見えない部分に車や歩行者がいるのではないかと予測し、交差点の手前で
    いつでも止まれる準備をする。
 
  (b)一時標識のある交差点
     停止線があれば、その直前、なければ交差点の直前で 必ず停止して下さい。
    その際、一般ドライバーの特徴として停止したつもりが、徐行となっている
    ことが多いようです。必ずタイヤの回転を止める停止を行って下さい。
     そして、ここからが重要です。自車の存在を他者(車)に知らせ、他者(車)
    にも安全な行動をとってもらうことを目的として、
    「ソロリ、ソロリ」と進入することが大切です。
    「止まる・見せる・確認する」の二次停止を必ず実践しましょう。

  (c)見通しの良い交差点(信号・標識なし)
     見通しの良い交差点で出合い頭事故が多く発生しています。ドライバーの
    心理として見通しが良いと油断が生じ、突然交差車両が目の前にあらわれ事故に
    なります。
     見通しの良い交差点であっても、思わぬところから歩行者や転車両の飛び出しは
    よくあることです。
     いつも決まったところから、車両等がくるという固定観念を取り除くことも大切です。
  
     また、車両等が来ていることが確認できる場合は、相手ドライバーの目など
    見ることで、相手の対応などが予測できることがあります。車両の等の動きと
    合わせて、ドライバーの意図にも目を向けて下さい。
  
     それから、ピラーなどのわずかな死角にも車両等が入り込むことも少なく
    ありません。安全確認は、目を動かすだけでなく、しっかり顔を向け、
    両目で危険を探すような方法をとって下さい。

3 ベテランドライバーは運転中様々な危険を予測して対応し、交通事故という
 最悪の結果を回避しています。
  そこで常に「なぜ事故は起きるのか」「どうすれば事故が防げるのか」等
 日頃から問題意識を持って運転することで、危険の予測能力を高め、事故を
 起こし難いドライバーに育っていきます。 

桑田
   桑田 憲明

  1. 2011/12/22(木) 12:38:33|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ初心者マークをつけないの・・・

 卒業生のみなさん、仕事やレジャーで車を運転され、楽しく安全運転されていると
思います。
 そんな卒業生のみなさんに少しでも、お役に立てればと思い、初心者マークに
ついて、アドバイスしてみたいと思います。

 初心者マークを表示した車に対する嫌がらせ、からかいの行為として、
幅寄せ・割り込み等をした場合、減点1点罰則5万円以下になります、。

 では、なぜ初心者マークを表示しない人がいるのでしょうか。私なりに
いくつか列挙してみますと、

1 カッコわるい
2 面倒くさい
3 初心者マークは持っているけど、表示し忘れてる。
4 他車から初心者運転者として見られたくない。

などが、あると思います。

 この初心者マークの目的は、一般運転者に、初心運転者を保護させるため、
特別の義務を課したものであり、幅寄せ割り込みらを禁止し、これらの行為に
よって起きる交通事故を防止しようとするものです。
 ですから、ルールで決まっているからではなく、自分自身を守るために初心者
マークを表示しましょう。

田頭信夫
   田頭 信夫


  1. 2011/12/22(木) 11:34:17|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ、シートベルトをつけないの・・・

 初心運転者が犯す交通違反で多いのが、シートベルト非着用です。
なぜシートベルトを着用しないか?
面倒くさい?窮屈?かっこわるい?すぐそこだから?
 いずれにしても、重要性を理解していないのでは?
 
 ということで、シートベルトの重要性の再確認
 
1 シートベルトの効果
(1)衝突したとき、頭や胸を打つことが少ない。
   特に後部座席の同乗者の場合は、他の同乗者に危害を加える危険が少ない。

(2)横転や転落事故の場合、ケガが軽くすむ。

(3)ドアが開いても車外に放り出されない。

(4)運転姿勢が正しくなりハンドル操作が正しくなる。

(5)動体視力の低下が少ない。

(6)腰や上半身が安定するため疲労が少ない。

2 シートベルト非着用で死亡した人 全国で716名(平成21年)
  
  車外に放り出された人 16.3%
  ハンドル計器類などに衝突した人 73.3%
  その他 10.3%

3 安全装備は、全てシートベルトの補助器具、衝撃吸収ボディ・エアバッグ
 サイドウォールカーテン等の安全装備もシートベルトをしていなければ
 全く機能しないものであり、これらはあくまでもシートベルトの補助器具
 でしかない。また、車の値段の内、安全装備の値段がかなりの割合で占めて
 いるが、それが、シートベルトをしないと全て無価値な物になってしまう。

4 シートベルトは自分のためだけじゃない
(1)同乗者等が救護を必要とする場合、あなたが無事なら救うことが出来る
 かもしれない。  

(2)事故の相手の負担が軽減される。
   シートベルトは、自分のためだけではなく、あなたの家族をはじめ、
  あなたを必要とする人達のためでもあり、また、他の交通参加者やその人を
  取り巻く人達のためでもある。

 上記のことをエンジンキーを回す前にふと思い出してもらえると幸いです。
 これから楽しいカーライフを送るために、よりよい人生を送るために、シート
ベルトを必ず着用して下さい。

IMG_5383.jpg
   江川 佳孝
  



  1. 2011/12/22(木) 11:00:05|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

走行中の携帯電話が危い訳・・・

 運転中に携帯電話を使用すると、「携帯電話使用等(交通の危険・保持)」
の交通違反になってしまします。
なぜ運転中に携帯電話を使用してはいけないのか考えてみましょう。
 
 運転中に携帯電話を操作することより、脇見運転になります。
例えば、約2秒間脇見をしてまうと、時速60kmで走行していると
30km以上も前方から視線を外した状況になってしまいます。
 約30km目を閉じた運転が出来るか想像して見て下さい。

 次に人間の注意力には「方向性」という特性があり、目線の方向や
意識の向いている方向に注意が集中し、それ以外の方向については
不注意となってしまいます。携帯電話で話しに夢中になってしまうと、
安全な運転行動をすることが出来るでしょうか。

 この様な事から運転中の携帯電話は使用が禁止され、使用することにより
交通違反となってしまいます。
 
 そこで、この違反をしない為にはどうすれば良いのでしょうか。確実な
事は携帯電話を持たない事ですが、現在では携帯を持っていない人は
いないと思います。又、もっていないと社会生活でとても不便です。

 次に、運転中はドライブモードにしてカバンの中にしまっておく事です。
自分の視界の中に携帯はある事、音が聞こえることにより、気になって
しまいます。携帯を気にしないで運転できる環境にすることが大切です。
 又、急用等により、運転中に携帯を使用しなければならない状況であれば、
手で保持せずに送信または受信できる、ハンズフリーキットを使用する方法も
ありますが、会話に意識が集中しすぎると危険なので注意する必要があります。

 運転中に携帯電話を使用し事故を起こしてしまうと、自分だけでなく周囲の
人にも迷惑をかけてしまいます。この事を踏まえて安全運転について考えて
みて下さい。

IMG_5380.jpg
   石田 稔了

  1. 2011/12/16(金) 12:17:43|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

上手に車庫入れするには・・・

1 車はハンドルを切った方向に曲がる。
  車庫入れに失敗する時は、ほとんどの場合、ハンドルを切ってある方向を
 間違えています。分からなくなったら、ほんの2~30センチ位前に進み、
 どちらに曲がっていくかを確かめます。
  車体が曲がって行く方向を確かめたら、もう一度さっきの場所までバック
 しながら、ハンドルを調整します。

2 「すえ切り」すると、車の動きがつかめない。
  バックする時は、車体後部の曲がり具合の変化を確かめながらハンドルを
 操作して下さい。ブレーキで停止させたままハンドルを切っても、どちらに、
どの程度曲がるかが分からず、バックを始めてからあわてることになります。

3 困ったら下車して見る。
  上手く車庫に入らなくて困った時は、車から降りて直接見るようにしま
 しょう。
  無理すると接触事故になります。周囲の状況が許すなら、何度も降りて
 みましょう。

4 車は、その場では曲がらない。
  自動車の回転半径は、だいたいホイルベース(前車輪の中心から、後車輪の
 中心まで)の2倍位になっています。従って直角(90度)に曲がるには、
  後輪が車庫のホイルベース分(普通車で大体2,5メートル位)手前から
 ハンドルを切るよう目印をつけておくことも良い方法です。

IMG_5375.jpg
   神原 範之

  1. 2011/12/16(金) 11:36:15|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カーブにおける危険!転倒・道路逸脱・・・

 「車の運転は楽しいですか」
 「楽しすぎて、速度を出し過ぎていませんか」

 運転をしていて、ヒヤリとしたら今何キロ出していたか思い出してみて
ください。必ず安全な速度をオーバーしていたはずです。
 
 そこでまず安全な速度について考えてみましょう。運転する時は、車の流れを
気にしますね。どんな速度で走行しているかを見て、自分がその流れに合わせ
るかどうか決めるのです。そこで無理をして速い流れについて行こうとすると
事故の可能性が出てきます。周りの人とあなたは技量が違うのです。自分に
見合った速度で走行すること。
これが安全な速度なのです。

 次にブレーキについて考えてみましょう。今履いている靴で急ブレーキは
踏めますか。危険を感じたら、ブレーキの構えができていますか。
これらのことが出来ていても、いざという時に間に合わずぶつかってしまう
こともあります。結局原因は他の所にあるのです。
 
 その原因をいくつかあげてみました。

1 脇見をしていた。
2 話をしていた。
3 車間距離が短かった。
4 道が分からなかった。等

 考えればまだまだあると思います。それを理解した上で、速度を出すように
していきましょう。

「車は急には止まらない」とよく言いますが、まさにその通りなのです。
 初心者の事故で、カーブにおける転倒・路外逸脱が多いのも、楽しさのあまり
つい速度を出してしまう所にあります。

 事故をしてからでは遅いです。ヒヤリとした時点で、必ずこの速度で走行して
いていいのか考える習慣を身に付けてください。
 みなさんの安全運転を祈願しています。

IMG_5381.jpg
   白池 永治

  1. 2011/12/16(金) 09:32:21|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

狭い道での離合

 狭い道で離合する場合、どんな方法で、どんな注意をすれば良いと思いますか?
 いくつかパターンをピックアップしてみます。

(1)平坦な道で、進路の前方に障害物があるとき。
   →あらかじめ一時停止か減速して進路を譲る。

(2)平坦な道で、対向車線側に障害物があるとき。
   →走行を続けても良いが、対向車が来ることもあるので、構えをとっておくこと。

(3)坂道で、上っている時、対向車が来たとき。
   →上りの発進は難しいので、下りが止まってくれるはずです。

(4)坂道で、下っている時、対向車が来たとき。
   →上りの発進は難しいので、下りの車が止まってあげて下さい。

(5)坂道で、崖側を走行していて、対向車が来たとき。
   →崖側が動いて転落すると危険なので、崖側が止まりましょう。

(6)坂道で、山側を走行していて、対向車が来たとき。
   →崖側が止まるはずですので、注意してゆっくり走行して下さい。

(7)対向車が大型車などの大きい車の場合、
   →自信がない場合は、降車して運転してもらって下さい。
    バックする時は、慌ててバックすることなく、まずは、後続車や障害物の
    確認を行ってからバックして下さい。

(8)遠くから、対向車が来ているのが発見できたとき。
   →早めに広い場所を見つけ、そこで待つようにして下さい。

 結局、狭い道で離合する場合の優先関係などを記載しましたが、不安や迷いを感じたときは、
まず、減速・停止が大切です。
 また、バックして道を譲るようなときは、後方の確認を省略して、後続車や障害物にぶつける
事故も多く発生しています。くれぐれも離合の際は、「慌てず、ゆっくり、そして譲り合う気持ち」で
対応して行って下さい。

柏原英樹
   柏原 英樹

  1. 2011/12/13(火) 12:04:40|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

速度超過について

 初心者の一年間の交通違反別データを見ると、速度超過が、毎年上位を占めて
いるのが現状です。
 では、なぜ、初心者が免許取得後、一年間に速度超過による違反をしてしまうと
思いますか。
 
 私が考えた初心者による速度違反を起こす要因を列挙すると、

1 安全運転の意識の欠如
2 運転操作の慣れ(自信)による油断と気のゆるみ
3 人間誰もが持っている先急ぎ衝動を抑制できない。
4 標識・標示への目配り(認知不足)
5 責任感の欠如→人間的に未成熟

 等が考えられる。
 
 したがって、免許取得後、この種の違反を防止するためには、まず、ひとたび、
事故・違反を起こせば、いくら未成年であろうとも社会的責任を問われることを
肝に命じて下さい。また、交通違反は、交通事故の予備軍であることも忘れないで下さい。
 誰が悲しみますか?
 事故・違反は大切な人を失ってしまうものです。
 
河塚貴之
    河塚 貴之


  1. 2011/12/13(火) 11:09:17|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

駐車違反をしないためには・・・

 備南の卒業生の皆さん、インフルエンザが広島の方から発生し始め、徐々に
流行のきざしが現れました。体調管理は万全ですか?
今回は、駐車違反をしないための簡単な3つのキーワードをそっとお教えします。

 まず、第3位「お金がもったいない!」実は、普通の放置駐車禁止違反(駐車禁止
標識、歩道駐車など)であれば、点数は2点、反則金¥15,000です。私の場合、
主婦なので食費や家計の大打撃、無駄な出費ですね。

 続いては第2位「車にイタズラされるかも」大切な車にキズ・・・少々のキズでも板金
塗装は2、3万円は下りません。又、自分が違法駐車の場合は、訴える術もなく、
泣き寝入りでしょう。情けない。

 そして今回の最大のポイント---それは、
第1位「事故が起きやすい」ということなんです。
 備南での教習を思い出して下さい。
入校時、皆さん方が他者(車)に対する、正しい配慮ができ、思いやりのあるドライバーに
なって欲しいと、思いをこめた教習「運転者の心得」を教程1で学びましたね。

 又、二段階では、死角を危険予測でカバーし、ブレーキの構えや減速、徐行や
一時停止等、様々な運転行動で、事故を自ら避ける方法を、一緒に検討しましたよね。
今、手にしている免許証も本免学科での危険予測の5題の問題をクリアできた上ですよね。
何が言いたいかおわかりですか。
交通事故を防ぐには、「かもしれない」と思える、危険予測が不可欠です。
何故なら、見えない死角は、予測して構えるという、
「もしかしたら○○するかも」と思える人しか事故を未然に防げないからです。
世の中のドライバーは全て、危険予測できていますか。

 あなたの止めた1台の車が、その死角を大きく作ってしまうのです。
その為、車の前や後ろからの歩行者の飛び出し事故の可能性が高まり、危険予測せず、
安易に横を通り過ぎるドライバーが事故を起こすのです。

 「あの車さえなければ、あの子は死なずにすんだのに・・・・・」
 あなたの駐車違反という身勝手な行為が、人の命にかかわるかもしれないのです。
 道路は、すべての人々が通る、公共の場所です。常に他者(車)の立場を考え、
迷惑をかけない心がけを持ちましょう。
 尚、このランキングは、統計をとった正規のデータではなく、私独自の見解です(笑)
 又、お会いしましょうね。

鞆森靖子
    鞆森 靖子



  1. 2011/12/10(土) 11:21:18|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「合流について」

 高速道路を中心に説明します。
 高速道路を走るのが苦手な人は、まず本線への合流が上手にできないことが
多いようです。高速で流れている本線への合流に恐怖心を抱く、この合流時の
恐怖の正体は、実は高速度で走ることではなく、本線との速度差にあります。
ですから、合流車線をいっぱいまで使うつもりで思いっ切り加速すれば、本線
との速度差がなくなり恐怖心を和らげることができます。

 一方、本線走行中の「速さ」自体に恐怖を感じる人は、近くを見て運転して
いることが多いようです。あごを意識的に少し上げ、遠くを見るようにすると
気持ちが楽になります。
 また、緊張から肩に力が入って、ハンドルを強く握り締めると、車のふらつきの
原因になります。正しい運転姿勢でできるだけリラックスして、ハンドルに軽く
手をかけ、押すように操作すると真っ直ぐに走れます。

合流の仕方について
1 合流車線に入ったら、まず早めにウインカーを出す。そして、本線を走る車と
  同じくらいの速度まで素早く加速する。
2 ミラーと目視で、本線を走る車との速度差がなくなってきたかを確認し、本線
  方向に車を徐々に寄せていく。
3 先行車にも注意して、合流車線いっぱいまでに合流すればいいと思えば、
  余裕が生まれる。合流が完了したらウインカーを戻す。

 それでは、ハイウェイへGO!
                                      JAFMate参照

池尻教頭
    池尻 賀彦

  1. 2011/12/08(木) 12:18:11|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「通行禁止違反」について

 「通行禁止」は、初心者の交通違反のワースト3に入っています。何故この違反を
犯してしまうのでしょうか。ついうっかり標識を見落としてしまったり、故意に通行した
というケースもあるかもしれません。

 まず、通行禁止で自動車学校付近でよく取り締まりをしているのが2号線です。
ここは片側一車線の幹線道路です。脇道は、歩道もなく狭い道があります。
そのような場所に右折禁止の標識があるので気をつけましょう。

 あと、標識の見落としを防ぐ為にも、運転中でない時から周囲の交通規制に関心を
持つといいです。例えば免許取得前は、よく歩いていた道にどんな標識があってどんな
規制があるのかを気にしていましたか。免許取得するまで、あまり気にしていなかったと
いうことはありませんか。近所の道、よく行っていたお店に車で行くとなるといろいろな
規制があるものです。見慣れた道だからと通行していると、通行禁止違反や時間帯に
よって通行できない場所もあります。油断しないようどんな場所でも、標識・標示を
見落とさないようにしましょう。それが、交通ルールを守る基本であり、運転者としての
最低限の責任です。

IMG_5393.jpg
   上本 あゆみ

  1. 2011/12/08(木) 11:45:50|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

信号無視について

 交通違反の中で「信号無視」といわれるものは、赤信号で停止位置までに
止まらないとか黄信号で止まれるにも関わらず停止しない等、事故に直結する
ような非常に危険な違反です。
こういった違反をしない為には、信号の意味を正しく理解している必要があります。
 しかし、自動車学校で十分に勉強し、学科試験に合格して運転免許証を手にしている
皆様はこの点は大丈夫でしょう。
 
 では、信号の意味を理解し信号を守って運転しようという気持ちがあれば
信号無視しないのかと言えばどうでしょう。先日教習中に生徒さんが信号が急に
変わるので止まれないといった内容の質問をしてきました。
 私も免許を取ったばかりの頃は同じように感じた覚えがあります。
信号はほとんどの場合 他の信号と連動しながら定期的に変わっているのですが、
なぜ急に変わったと感じるのでしょうか?
 それは、止まろうとか行こうと判断するタイミングが大切であるということです。
走行する車にブレーキをかけ車が停止するまでに、速度に応じた距離(制動距離)が
必要です。

 また、信号を認知して止めようと判断し、ブレーキをかけるまでにも空走距離が
必要になります。つまり、交差点手前の停止線までに止まるために必要な距離が無い
にもかかわらず無理矢理停止しようとしても急ブレーキになってしまいかえって危険
になります。
 そのため停止する、しないの判断は、信号が変わった時ではなく、信号の変わり目を
予測して交差点の手前で行わなければなりません。
 予測する為には、信号を見る時期も速度に応じて早目に見ておく必要があります。

 また、歩行者用の信号機も本信号の変わり目の予測に役立ちます。歩行者用信号機の
青信号が点滅してから本信号が変わる時間や歩行者用の赤信号が点灯してから本信号が
変わるまでの時間は交差点や道路の大きさ等によっても違いがありますが、自分の通学、
通勤の道路等はおぼえておいても良いと思います。
 
IMG_5392.jpg
    土居 泰啓

  1. 2011/12/01(木) 12:06:33|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

初心者マークについて

 免許取得後の1年間は初心運転者期間となり、この先何十年も続いていく
運転者としての人生に大きく影響する期間になります。
 無事故でこの期間を終えるドライバーがいる一方で 残念ながら重大な
事故を起こし、自分や周囲の人の人生が大きく狂ってしまう現実もあります。
 様々な事故があるなかでどうしても防ぎようがないものもあるかもしれません。
 しかし、私がふと思うのは車にお守りをつけていれば防げた事故があるのでは
ないかということです。

 ここでいうお守りとは交通安全のお守りではなく初心者マークのことです。
 初心者マークの表示は義務であり違反をすると違反点数1点がつけられ反則金
4千円が課され、事故にあうリスクも上がります。 
 しかし、かっこわるいといってつけずに運転して検挙されたり事故につながる
ケースが多いのです。
 ここで初心者マークの効果を考えてみてください。
 まず、他車に自分はまだ運転技術が未熟だと知ってもらえます。
 そうすると、他車が車間距離を長くとってくれたり、道を譲ってくれたり、
減速してくれたりと安全に走行できるように協力してくれます。もちろん歩行者や
自転車に対しても伝わります。

 目にみえる効果が実感できなくても日々無事故であるなら、それはあなたの
初心者マークを見た他のドライバーが危険を察知して安全に通行できるようにして
くれているかもしれません。
 安全な運転者になる第一歩として初心者マークを必ずつけて下さい。

IMG_5394.jpg
   井上 泰一郎

  1. 2011/12/01(木) 11:39:34|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。