FC2ブログ

Give Way  「心の運転 」

卒業生の皆様の安全運転をサポートするお役立ち情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

初心運転者が出合い頭事故を起こさないために・・・

 出合い頭事故の多くは交差点で発生しています。そこで、交差点の出合い
頭事故防止対策について考えてみたいと思います。

 信号のある交差点での出合い頭事故防止
1 信号のある交差点では信号の変わり目を予測した運転をすることが大切です。
  (a)歩行者用信号機がある交差点では歩行者用信号機が赤になっていたら
    止まる準備をする。

  (b)歩行者用信号機がない交差点では交差点が近づいたら速度を少しゆるめたり
    ブレーキに足を移したりします。

  (c)点滅信号のある交差点では赤色点滅信号は一時停止、黄色点滅信号は
    他の交通に注意し動きをよく見ることが大切です。

2 信号のない交差点での出合い頭事故防止
  (a)一時停止標識のない見通しの悪い交差点
     交差点が近づいたらどのような交差点か認知し見通しの悪い交差点あれば
    見えない部分に車や歩行者がいるのではないかと予測し、交差点の手前で
    いつでも止まれる準備をする。
 
  (b)一時標識のある交差点
     停止線があれば、その直前、なければ交差点の直前で 必ず停止して下さい。
    その際、一般ドライバーの特徴として停止したつもりが、徐行となっている
    ことが多いようです。必ずタイヤの回転を止める停止を行って下さい。
     そして、ここからが重要です。自車の存在を他者(車)に知らせ、他者(車)
    にも安全な行動をとってもらうことを目的として、
    「ソロリ、ソロリ」と進入することが大切です。
    「止まる・見せる・確認する」の二次停止を必ず実践しましょう。

  (c)見通しの良い交差点(信号・標識なし)
     見通しの良い交差点で出合い頭事故が多く発生しています。ドライバーの
    心理として見通しが良いと油断が生じ、突然交差車両が目の前にあらわれ事故に
    なります。
     見通しの良い交差点であっても、思わぬところから歩行者や転車両の飛び出しは
    よくあることです。
     いつも決まったところから、車両等がくるという固定観念を取り除くことも大切です。
  
     また、車両等が来ていることが確認できる場合は、相手ドライバーの目など
    見ることで、相手の対応などが予測できることがあります。車両の等の動きと
    合わせて、ドライバーの意図にも目を向けて下さい。
  
     それから、ピラーなどのわずかな死角にも車両等が入り込むことも少なく
    ありません。安全確認は、目を動かすだけでなく、しっかり顔を向け、
    両目で危険を探すような方法をとって下さい。

3 ベテランドライバーは運転中様々な危険を予測して対応し、交通事故という
 最悪の結果を回避しています。
  そこで常に「なぜ事故は起きるのか」「どうすれば事故が防げるのか」等
 日頃から問題意識を持って運転することで、危険の予測能力を高め、事故を
 起こし難いドライバーに育っていきます。 

桑田
   桑田 憲明
スポンサーサイト


  1. 2011/12/22(木) 12:38:33|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ベテランの目の付け所とは・・・ | ホーム | なぜ初心者マークをつけないの・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://binands.blog.fc2.com/tb.php/15-e567cc46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。