Give Way  「心の運転 」

卒業生の皆様の安全運転をサポートするお役立ち情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

狭い道での離合

 狭い道で離合する場合、どんな方法で、どんな注意をすれば良いと思いますか?
 いくつかパターンをピックアップしてみます。

(1)平坦な道で、進路の前方に障害物があるとき。
   →あらかじめ一時停止か減速して進路を譲る。

(2)平坦な道で、対向車線側に障害物があるとき。
   →走行を続けても良いが、対向車が来ることもあるので、構えをとっておくこと。

(3)坂道で、上っている時、対向車が来たとき。
   →上りの発進は難しいので、下りが止まってくれるはずです。

(4)坂道で、下っている時、対向車が来たとき。
   →上りの発進は難しいので、下りの車が止まってあげて下さい。

(5)坂道で、崖側を走行していて、対向車が来たとき。
   →崖側が動いて転落すると危険なので、崖側が止まりましょう。

(6)坂道で、山側を走行していて、対向車が来たとき。
   →崖側が止まるはずですので、注意してゆっくり走行して下さい。

(7)対向車が大型車などの大きい車の場合、
   →自信がない場合は、降車して運転してもらって下さい。
    バックする時は、慌ててバックすることなく、まずは、後続車や障害物の
    確認を行ってからバックして下さい。

(8)遠くから、対向車が来ているのが発見できたとき。
   →早めに広い場所を見つけ、そこで待つようにして下さい。

 結局、狭い道で離合する場合の優先関係などを記載しましたが、不安や迷いを感じたときは、
まず、減速・停止が大切です。
 また、バックして道を譲るようなときは、後方の確認を省略して、後続車や障害物にぶつける
事故も多く発生しています。くれぐれも離合の際は、「慌てず、ゆっくり、そして譲り合う気持ち」で
対応して行って下さい。

柏原英樹
   柏原 英樹
スポンサーサイト


  1. 2011/12/13(火) 12:04:40|
  2. 備南
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<カーブにおける危険!転倒・道路逸脱・・・ | ホーム | 速度超過について>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://binands.blog.fc2.com/tb.php/9-1ea3e51b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。